HOME > 保育園のご案内 > 保育理念・方針・目標
保育園のご案内

保育理念・方針・目標

保育理念・方針・目標

「社会福祉法人 長尾会 長尾保育園」では、お子さまの心身の健やかな成長を支えるために、以下の理念・方針・目標に基づいて、保育に取り組んでいます。
ぜひ、以下の内容をよくお読みいただき、当園での保育のあり方をご理解ください。


 

はじめに

大切なお子さまの乳幼児期を、より有意義に楽しくお過ごしいただくためには、園と家庭とが一体となって、協力し合うことがとても大切です。
保育園は、養護と教育が一体になって、家庭的な雰囲気の中で乳幼児を保育し、その心身の発達を助長する場所です。3歳児以上では、保育方針に基づき、五領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の発達を保障し、0、1、2歳児では、健康発達と人間関係を中心に、心の安定をはかります。そのうえで、基本的生活習慣の援助を行い、「明るく」・「たくましく」・「のびのびとした」子どもを育てます。
また、乳幼児期に必要な『情操』『体育』『知育』の調和のとれた保育環境を整えて、『心』も、『体』も、『頭』も、健やかに育つよう努力したいと考えています。

 

保育理念

当園では、保育理念として「自立支援」・「自律支援」・「共育ち支援」の3つの柱を立て、生きる力の基礎を育てます。

自分でできる力を育てる。

自分で課題を見つけて自ら学び、自ら考え、主体的に判断してから行動し、よりよく問題を解決する能力を育てる。他人と協調し、他人を思いやる心や感動する心を育てる。豊かな人間性とたくましく生きるための健康や体力を育てる。

みんなと一緒に育つ。子ども、保護者、保育士、地域、社会等と共に協力しながら育っていけるように見守り支援していく。

 

保育目標

以下の内容を踏まえた上で、子どもを育てることを通して、思考力や創造力の芽生えを育み、小学校の学びの基礎を育てます。
職員一同一丸となり保育にあたりたいと考えていますので、ご協力、よろしくお願いいたします。

  • 家庭的な雰囲気の中で、情緒の安定を図り、健康な身体づくりに努力しています。
  • 良い生活習慣を育成すると共に次の目標を掲げ、人格形成の基盤づくりを目指しています。
    1. 自立心があり、正しい判断ができ、協調性のある子ども。
    2. 人間性や創造性が豊かな子ども。
    3. 感性豊かに五感を感じる子ども。
 

基本方針

以下の基本方針に基づき、「自分で考える力」や「協力し合える力」など、園児の様々な力を育みます。

  • 愛情と信頼を大切に一人ひとりの子どもたちを見守ります。
  • 情操、体育、知育の調和のとれた環境の中で、以下の「生きる力」を育てたいと思います。
    1. 自分で考えて、行動する力。
    2. 協力してできる力。
    3. 立ち向かおうとする力。
  • このような子どもを育てることを通して,思考力や創造力の芽生えを育み,小学校の学びの基礎を育てます。

担当制保育について

長尾保育園では、保育所保育指針に基づきお子さま一人ひとりの生活リズムに合わせて、保育を進めさせて頂いております。乳児クラスでは、複数担任で担当制保育を取り入れています。
担当制保育では担当の保育士が一人ひとりの生活リズムに合わせて、あそびやおむつ交換、着替え、食事等の援助をしながら保育をしています。
担当制保育が担当のお子さまを保育しますが、クラス全体でもサポートしあいながら成長にあった保育をしています。

保育園のご案内
ページトップへ